一枚岩.com 〜栃木SC〜
☆★J2に所属する栃木SCのブログです★☆栃木SCの歴史と誇りを胸に、新たなる戦士による新たなる時代へ! 栃木SC中毒6シーズン目爆進中!!
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日後期開幕!
明日はJFL後期開幕戦!

相手はFC琉球です!

琉球は下位に沈んではいるものの、栃木が楽に勝ったことは一度もありません。

一足早く、後期JFLは金曜日から開幕し、ライバルたちに離されないため、J昇格のためにも勝利が至上命題です。

夏場の沖縄アウェー、選手サポ共に過酷かもしれませんがシーズンを占う大切な一戦になることは間違いありませんよね。

沖縄に行きたかったけど、栃木から念を送ることになりました!!

現地に行かれるかた、道中お気をつけて。また、栃木のプライドを見せ付けてきてください!勝ち点3待ってます☆
スポンサーサイト

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

新体制始動☆
チームは柱谷新監督のもと、順調に滑りだしたみたいですね!

シーズン途中での監督交代にとまどいもあるかと思いますが、プラスになってくれることを望みます。

選手は少しでも早く監督の戦術を理解し、監督はそれぞれの特性を活かした選手起用を見つけてほしいですね。

幸いチームの雰囲気もよいみたいですし、練習も2部制にはなりましたが中身の濃い練習を繰り返して後期開幕を勝利で飾ってほしいです。

監督の言葉どおり、勝利というきっかけさえ掴めば必ずチームは連勝し上向いていくことができるはずです。

後期開幕琉球戦、期待せずにはいられませんね。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

第17節 VS 佐川印刷
印刷 2-2 栃木
前半 1-1
後半 1-1    得点者:上野・賢太郎


土曜日に行われた前期最終戦。

栃木SCにとって大きな節目の試合となりました。

高橋サッカーの集大成、現地に行かれた方のレポを見ると気持ちの入った素晴らしい試合を見せてくれたようで、その場に行けなかった事を後悔しています!!

終了間際に賢太郎のゴールでドローに追いつくという結果だけみれば勝ちきれなかった試合でしたが、まさに栃木が意地をみせてくれましたね。

賢太郎も出場した試合にきっちり結果を残し、必ずや後期に繋がっていくと思います。

今節の結果により、前期は勝点25の7位で折り返しとなりました。
佐川との差は勝点14。

厳しい戦いはある程度想像していましたが、この結果は予想以上に厳しいものとなりました。

柱谷新監督のもと、チームは再び一枚岩となり優勝を最後まであきらめず、選手一同サポーターも仕切りなおさねばなりません。

一つ一つ勝点を積み上げ、勝ちきる試合ができるよう気合いを入れていきたいと思います。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

高橋監督辞任
目を疑いました。
高橋監督が辞任をされるそうです。

長年栃木SCに尽力されてきた方がチームを去る。
全身の力が抜けてしまいました。ショックの一言です。
公私共々犠牲にされ、栃木SCに残した高橋監督の功績はとても素晴らしいものでした。

いままでありがとうございました、またお疲れ様でした。

監督には優勝という責任を背負わせてしまった。
まだまだ可能性はあるし、どんなに苦しくても今年は高橋監督を信じ、
心中するつもりでいたからこそ残念でなりません。

悔しいです。。

また、後任には柱谷幸一氏の就任が内定しているとのことです。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

第16節 VS 流通経済大学
栃木 1-1 流経
前半 1-0    
後半 0-1 得点:小林

これ以上は絶対に負けられない。
引き分けすら許されない状況でのぞんだ流経戦。

あと一歩のところで決めきれず、無念のドロー。
また勝てなかった。

GWの横河武蔵野戦以来勝ちがない栃木。
ホームではいつからだろうか。
そんなことも思い出せない、思い出したくない。
Jを目指す大切なシーズンに数年前の栃木に戻ってしまっている。

そんな状況の中、サポーターは声を出さず、弾幕もはらず、無言で選手たちに思いを伝えることを選択した。でも結果は変わらなかった。

試合開始早々、栃木は積極的にゴールを狙った。
スタメンも大幅に入れ替えてきた。
攻撃の形もいつもよりはできていたし、いつ点が入ってもいいような雰囲気だった。

前半20分、栃木はコーナーからのこぼれ玉を小林が足で押し込み先制。
追加点さえ取れれば・・・。
しかし後半にフリーキックからショートパスで切り込まれシュートを許し同点に追いつかれる。

またも、セットプレーから集中を欠き、一瞬の隙をつかれた格好だ。
その後も栃木は攻め続けたが、ゴールが遠い。
サイド一辺倒の攻撃。中央からのシュートはあっただろうか?
振りぬいたシュートなんて後半は、ほとんどなかった。
泥臭く点を取りにいくところも栃木らしいが、今日はキーパーの林が一枚上だった。
幾度と泣くゴール前に迫ったが、ことごとく林に反応され追加点を奪えなかった。

早く勝利が見たいんですけど。。


テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

吉見選手引退
本日公式HPに吉見康之選手の引退の発表がありました。。
開幕戦で元気な姿をピッチで見られたのに、非常に残念です。

一昨年の半ばから大きな怪我をし、1年半ぶりにピッチに帰ってきた吉見を見たときには感慨深いものがありました。

それだけに、今回の怪我は残念でなりません。
26歳でまだまだサッカー選手としてこれからの時期。
栃木SCを愛する人たち以上に、吉見選手が一番悔しく、勇気のある決断だったのではないかと思います。
今後は怪我を治し、フロントとして栃木SCを支えていくとの事です。

これからもぜひがんばってもらいたいです。

吉見選手の左サイドを駆け上がる姿、またHONDA戦のゴールは一生忘れられないベストゴールとなりました。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

二部制
チームの月間スケジュールにもあるとおり、昨日からチーム練習の2部制が始まったようですね!

毎年夏場にブレーキがかかることが多いので、試合と同じ時間に練習ができる環境は歓迎すべきことです。

チーム状況からしても、フロントによるテコ入れは必然であったと思います。

ただ懸念されるように、栃木SCはまだまだアマチュアの選手が多く、昼間練習に参加できないことによるモチベーションの低下や、ポジション争いなど、新たな懸念材料もでてくるかもしれませんね。

監督にはその試合でベストを尽せるコンディションの選手を隔たりなく使ってほしいです。

まだまだ、リーグ戦はこれから。
終わるまで選手共々、絶対諦めません!

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

第15節 VS 三菱水島
水島 1-0 栃木
前半 1-0    
後半 0-0


絶対に勝たなければならない試合をまた落としてしまった。

北出、小林を出停で欠きはしたが、選手層の厚さは充分。何も心配していなかったが。

失点はアンラッキーなコーナーキック直接ゴールとのこと。

ゲームをひっくり返すことはおろか、同点にも追い付けず終了。

上野が加入しても、結果は変わらず無得点。

悔しい。

これで勝ち点は23のまま、七位後退。

トンネルの出口はどこにあるのか、諦めずに勝利を信じ続けるしかありません。

勝利の歌を唄いたいです。。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

迷走
大好きな栃木SCはこれからどこへ行くのか。
フロント、選手、そしてサポーター。

一枚岩でなければならないはずが、どこか崩れてきてはいまいか。
全ては勝ちきれない結果が招いたことか。

シーズン前、プレシーズンマッチなどの試合数の少なさにいささか不安は覚えたけれど、準加盟の勢いそのものに乗ってやってくれると信じていた。

しかし14節を終わってもなお、栃木SCはらしさを取り戻すことなく、迷走している。

これといったスタイルも確立できず、ちぐはぐなゲームが続く。

結果が出ないとフロントは新戦力の確保に乗り出した。
現状の夜間練習から、昼の練習へと切り替える方針を打ち出した。

これの意味するものは何か。
これまでの栃木SCの存在意義を180度変える難しい決断である。
が、J入りを宣言した以上、いつか受け入れなければならないとは思っている。

栃木には、シーズンを代表する選手が次々と生まれてきた。
チームが苦しいとき、一枚岩な栃木SCから新たなヒーローが生まれてきた。
不遇な環境におかれてはいるが、土のグラウンドで歯を食いしばって練習してきた選手がいっぱいいるのだ。選手の声を聞いてほしい。
最善の答えは何なのだろう。。。

テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

第14節 VS TDK
栃木 0-0 TDK
前半 0-0    
後半 0-0

昨日は気持ちの整理がつかず、試合を思い出すのも嫌だった。
4000弱のサポーターの求めるものは一つ。勝ち点3。
内容なんて欲張らない、まずは結果。
結果に、ゴールに飢えていたのに。またしても裏切られた。

主審の曖昧な判定基準にゲームを壊されようが、TDKのあきれたラフプレーに閉口しようが栃木は勝利をもぎ取らねばならなかった。

最後まで勝たせようと叫ばれた歓声は、終了のホイッスルとともに悲鳴、ため息、そして罵声へと変わった。

こうまでもゴールは遠いのか。勝利を信じて集まったサポータの期待を打ち砕く、ホーム4戦連続無得点という屈辱の結果。

ゴールを割るためにことごとくシュートは放たれた。
石川、小林、山崎、谷池など、紙一重のところでゴールは生まれなかった。

決めるべきときに決められなかったのが全て。
前半と同じ戦い方を後半にできなかった。

なぜ相手に退場者が出ているのにDFなど残しておくのか。
相手FW残ってないのに4人も5人も残ってるって意味わかんないし。
金子入れて久保田下げるならDF1枚削ってもよかったんじゃないの?
なぜ単調なサイド攻撃を繰り返すのか。
なぜ人数かけて揺さぶれないのか。
栃木らしい泥臭さを見せてくれよ。
きれいにセンタリングあげて決まるんなら苦労しないよ。
工夫してくれよ!ここまで歯車が狂うとは正直予想できなかった。
選手も、フロントも、サポーターも喰いしばるしかない。


テーマ:栃木SC - ジャンル:スポーツ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。