一枚岩.com 〜栃木SC〜
☆★J2に所属する栃木SCのブログです★☆栃木SCの歴史と誇りを胸に、新たなる戦士による新たなる時代へ! 栃木SC中毒6シーズン目爆進中!!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後期第2節 VS ソニー仙台
栃木 0-0 ソニー
前半 0-0
後半 0-0


七夕の夜、たくさんのサポーターの勝利の願いと希望が込められた後期ホーム開幕戦。

結果は勝ちきれず、またも無得点でのドロー。

結果こそ伴なかったけれど、あと一歩のところまではきていたし十分に手応えは掴めた試合になったと思うが。。

柱谷体制になって2戦目。
いよいよ柱谷監督による選手起用が始まったというところか。

先発メンバーも大幅に入れ替えてきた。
米田選手のデビュー戦、攻守に強烈な存在感を見せてくれました。
強力な補強になったと思います。

また、後半に入ると一点を取りにいくため守備的MFをさげ、攻撃的な選手を起用。

いままでの選手交代とは違いましたね。

そう、連続出場を続けてきた堀田選手を下げたのです。

一瞬目を疑ったが、交代ボードに表示された背番号は8。

堀田選手、今まで本当にお疲れさまでした。

決して記録のためだけではないけれど、堀田選手がピッチにいるということが栃木にとっての象徴であったし、誇りだったのです。

記録ストップは残念なことではあるけれど、ボランチを1枚削って攻撃的オプションを増やすことは当然の選択肢。
柱谷監督の決断は支持したいと思います。

堀田選手もフル出場に肉体的にも精神的にも重圧はあったはず。

これで終わりではないし、今後も切らさずずっと頑張ってもらいたいです。

堀田交代の姿を見て目頭が熱くなったが、この交代を活かすためにも栃木は勝たねばならず、より一層気持ちをこめて叫んだ。

幾度となく、ゴール前に攻めこむがシュートはことごとく外れ精度に泣きまたも決められず。

これでついに10試合勝ち星なし。

これほど勝ちに見放されたのは久しぶりじゃないかな。

下を向いている暇はないんだし、前を見て信じて頑張るしかないね。
スポンサーサイト

テーマ:目指せJリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。